痴漢冤罪で逮捕された!弁護士相談する方法

警察署

痴漢で逮捕されたら

痴漢で逮捕されたら、警察で取り調べを受けることになりますが、その時は家族と面会を許されないことが多いため、不安に感じることがあります。

そして痴漢が現行犯逮捕されるときだけでなく、被害にあった人からの申告によって逮捕をされたり、拘留されることがありますから、濡れ衣を被せられることもあります。

自分は無実だと訴えた場合でも、警察では聞き入れてもらえないことが多く、捕まったら早く認めたなさいと言われるので圧迫感を感じることもあります。

警察で拘留されたり、逮捕をされるという経験は慣れていない人が多いので、精神的にも大きな負担やストレスを抱えることになります。早くこの状況から解放されたいという気持ちから、自分は無罪であるのにかかわらず、罪を認めてしまうということもあります。

弁護士依頼の重要性

一度認めてしまうと、その言葉を否定するのは難しくなりますから、自分が無罪であることをはっきりさせたいと考えたとき、もしくは家族と連絡をとって早く安心をさせたいと考えたときは、弁護士に依頼をするようにします。

弁護士であれば、警察で家族との面会が制限されている場合でも、立会人を置かずに面会をすることができます。時間の制約もありませんから、警察の目を気にすることもなく、逮捕された経緯や自分の主張を話すことができます。

そして弁護士は依頼人が逮捕されたときの状況を確認して、疑問に残った部分やもっと詳しく知りたい部分があれば警察に掛け合って話を聞くことができます。

実際、痴漢で逮捕された人の中には冤罪であったケースもありますが、警察の取り調べから逃れたいという一心で罪を認める人が少なくありません。

警察に逮捕をされるということは必要以上に怖いと感じてしまい、社会的な制裁を受けるのではないか、仕事を失ってしまうのではないかと先のことを考えてしまいがちです。

しかし犯していない罪を認めてしまうと、それからは犯罪者としての烙印を押されてしまいますから前に弁護士に依頼をすることが大切です。冤罪だと弁護士が判断した場合は警察と話し合いをして、捜査を行うことになります。

示談交渉

しかし時には被害者と示談で解決をしたほうが良いと考えたときには、身柄解放活動を行うことになります。被害者、もしくは被害者の代理人と接触して、示談交渉を行います。

さらに検察官には身柄引き受け書を提出したり、意見書を提出することによって、警察での拘留を解除してもらうことになります。身柄引き受け人は家族に作成してもらうことが一般的ですが、その時の書類の作成についても弁護士がアドバイスを行ってくれるので、任せることができます。身柄引き受け書があり、さらに痴漢に関して詳しい代理人がいることによって、警察や検察官への心証も変わってきます。

もちろん拘留解除ができない場合もありますが、その時には不服申し立てをするなど、最後まであきらめずにサポートをしてくれるので心強い味方になってくれます。

盗撮の罪に問われた時の刑罰はどれ位なのか

スマホ盗撮

盗撮の刑罰

盗撮の罪に問われた場合、刑罰の重さはどれ位なのかというと、一般的に公共の場で行われたか否かによって変わって来ます。

例えば東京都では路上や電車内やホーム、店内といった公共の場所で盗撮を行うと迷惑防止条例違反となり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される事になります。

しかし公共の場とはいえない住宅内での盗撮は軽犯罪法違反となり、30日未満の拘留または1万円未満の科料となります。さらに他人の家の敷地内である庭や住居の中に入ってしまった場合はこれらに加えて、住居侵入罪や建造物侵入罪も成立する可能性が高く、刑罰はより重くなります。

現行犯逮捕

盗撮は基本的に現場を押さえられて現行犯逮捕される事がほとんどです。ただ逮捕といっても、初犯で本人が犯行を認めている場合には、調書をとってからすぐに釈放されるというケースが多く、こうした場合は在宅しながら手続きが進むのを待つという形になります。

示談が成立しないと

その期間中に被害者と交渉を行い、示談が成立すれば被害届を取り下げてもらえる可能性もあり、その結果不起訴処分になり前科が付かなくて済むというケースもあります。しかし示談が成立しなかった場合、略式起訴されて初犯であれば罰金2~30万円払う事になります。

前科と余罪がある場合

さらに逮捕された時に前科や余罪があったり、専門道具を使っていたりして悪質とみなされた場合は、家宅捜索され、パソコンや携帯電話やデジタルカメラなどを押収される可能性もあります。そして警察から2日以内に送検されて、3日以内に拘留されるかが判断されます。ここで拘留が決定すると最大で20日拘束されてしまいます。この場合は略式起訴ではなく、裁判で懲役が求刑される可能性が高くなります。

前科がついていると、常習犯とみなされ、懲役刑が約2倍になり、東京都だと1年以下の懲役が2年以下の懲役となってしまいます。それでも前科が1度ほどで、優秀な弁護士が付いていれば執行猶予が付くこともあります。

被害者との示談と不起訴

執行猶予を勝ち取る為には、被害者との間で示談が成立している事がとても大切です。しかし盗撮された被害者は中々話し合いには応じてもらえず、連絡先すら教えてもらえないという事が少なくありません。

こうした場合は、被害者と加害者が接触しないようにお互いの弁護士を代理人として交渉をするという形が示談交渉を成功させる近道となります。

そして何とか示談交渉が行えるようになっても、被害者側から盗撮された家にはもう住めないという事で引越し費用など様々な賠償費用を求められる事もあります。そこで納得が行かなくても示談を成立させて不起訴を勝ち取るには相手側の要求をのむという事も時には必要となります。

相手との示談交渉が決裂して、その結果起訴されてしまい、裁判で有罪となり前科をつけてしまうのか、それとも相手に示談金を払ってでも何度か不起訴までもっていくのか難しい判断となりますが、可能であれば今後の事を考えて不起訴になるように交渉していく事が何より最善の策です。

やっていないのに罪を認めてしまった・・・。どうすればいい?

突然ですが、みなさんは警察官につかまったことはありますか?
私は職務質問を何度か受けたことがあるんですが(なんだか怪しい人間に見られやすいたちなようです…)、はっきりいってものすごい威圧感ですよね。
何もしていないのに心拍数はバクバクで、受け答えもしどろもどろで余計に怪しい状況に…なんてことは私の場合は1回や2回ではありません。
電車での痴漢を疑われたというような閉鎖的な状況だと、事態はより深刻になることが容易に想像できますね。
「あなた痴漢したの?逃げても無駄だよ。とりあえず話聞くからこっちきて。」なんていうふうにいきなり尋問から入る警察官も少なくないので
思わずついていって罪を認めてしまった…
なんてことになる可能性は決して低くはありません。(こういう尋問の始め方は実は法律違反なのですが)
警察官から、「ひとこと『自分がやりました』と言ってくれれば、私が示談になるように被害者側を説得してあげる前科がついて仕事クビになるのに比べたら安
いもんでしょ 」なんて複数の警察官に取り囲まれながら言われてしまうと、罪を認めたくなる気持ちもわかります。
しかし、結論的には自白をしてしまうと極めて厳しい状況に追い込まれてしまうのは間違いありません。
今回は、やっていないのに罪を認めてしまった…という状況で私たちが次にとるべき行動について調べてみましたので、参考にしてみてください。

1.いったん容疑を認めてしまうと無罪の証明は極めて難しい

いったん痴漢をしたと容疑を認めてしまい、その発言が警察官の作成する調書に記載されてしまうと後からその内容を否認するのは極めて難しくなります。

近年では痴漢の操作に関しては物的な証拠(人間の発言等以外の証拠)が重要視されるようになってきています。

具体的には服についた指紋の採取やDNA鑑定などによって捜査が行われることが考えられます。

しかし、被疑者の自白がある状況ならば捜査側はその自白を元に立件する方向で捜査を進めようと考えるのが普通です。

となれば自白が警察官の心理的な圧迫によって行われたことの立証を行うことが対策として考えられますが録音などの状況証拠がない限りはこれも非常に難しいと言わざるを得ません。

それでも無罪を勝ち取るために徹底的に争うと言うのも一つの選択肢ですが
日本の刑事事件起訴後の有罪率が9割を超えていることを考えてもかなり厳しい戦いになるのは間違いないでしょう。

痴漢冤罪はとにかく認めないこと、少しでも早く当番弁護士を依頼すること、の2つが重要になります

2.示談に持ち込む?

被害者側に告訴状や被害届を取り下げてもらうことができれば、刑事責任を問われる状態からは避けることができます。

しかし、その場合には交渉の条件として多額の和解金を支払わされる状況になってしまう可能性があります。

示談に持ち込む方向での対策を取るかどうかはあなた自身の経済的な状況を考えながら判断する必要があります。

また、示談は口頭で処理するようなことはしてはいけません。

後から「そんな話は知らない」と被害者がわにしらを切られてしまうと、一旦支払ったお金の払い損…と言う状況にも巻き込まれかねないからです。

後日の証拠とするためにも、刑事事件として争わない旨を示談書面で定めなくてはなりません。

3.まとめ

今回は、自分はやっていないのに罪を認めてしまった…という後に、私たちがとるべき行動についてまとめてみました。

結論的には、この状況で自力で活路をひらく…というのは非常に難しいと言わざるを得ません。

少しでも早く刑事弁護を扱っている弁護士に連絡を取ることが必要ですから自分の勤務先や自宅近くですぐにかけつけてもらえる弁護士の情報は日頃からチェックし
ておくことをおすすめします。

痴漢を疑われDNA鑑定を要求された!拒否しても大丈夫なのか?

痴漢冤罪に巻き込まれ、実際に警察官に逮捕される段階にまで進んでしまうと写真撮影や指紋採取、さらにDNA鑑定などを行われてしまうことがあります。
そもそも冤罪で自分は犯罪者でもなんでもないのですから、そういった情報を警察に把握されるなんてことはできれば避けたいことですよね。
問題は拒否をしても問題がないのか(後から裁判で不利になるようなことはないのか)ですが写真撮影や指紋採取に関しては「逮捕」という刑事手続に含まれていることなので、逮捕状が出ている以上は拒否することができません。
(根拠としては刑事訴訟法218条3項という法律があります)
しかし、結論からいうとDNA鑑定についてだけは別で,求められても拒否することが可能です。
というのも、DNA鑑定については上の刑事訴訟法の条文にいう「逮捕」という手続きには含まれていないからです。

1.「ついでにDNA鑑定もやらせてよ」といわれも拒否しよう

実際は 警察官は写真撮影や指紋採取をした後に 「ついでにDNA鑑定もやらせてほしい」というようにさらりと確認を取ってくるケースが多いようです。

確認をとってきたことに「はい」と答えてしまうと、任意の捜査依頼に対して同意を与えたことになってしまいます。

警察側としては被疑者側の同意を得ることができれば DNA鑑定のための別の捜索令状をとることを省略することができますから手っ取り早いというわけですね。

DNA鑑定の結果として「現場で採取したDNAと あなたから採取したDNAが一致し
ました」といわれると 私たちの側としては反論のしようがなく 決定的に不利な立場に置かれてしまう可能性があります。しかも、次で説明させていただく通り、もしDNA鑑定の結果ではあなたは「シロ」だったとしてもそのことからただちに無罪が証明されるようなことはありません。

2.DNA鑑定の結果として何も出なくても、何の得もない

受けることに同意してしまった結果として行われるDNA鑑定で 例えあなたが「シロ」という結果が出たとしても、あなたにとって得をすることは何もありません。

DNA鑑定の結果として物的な証拠が見つからなかったとしても、そのことがあなたが痴漢をしていない根拠とみなされることはないためです。

しかも DNA鑑定の結果として何らかの形であなたのDNAが被害者の衣服から検出されてしまったりすると、決定的に「クロ」として扱われてしまいます。

捜査機関側としては「DNA鑑定の結果として何か証拠が出れば結果オーライ」ぐらいの感覚でDNA鑑定を行います。

結論的にあなたとしてはDNA鑑定を受けることに同意するメリットは何もないものと考えておく必要があります。

3.まとめ

今回は、痴漢冤罪で警察官からDNA鑑定を求められた時の対策について紹介させていただきました。

結論的に、痴漢を疑われている側としてはDNA鑑定を受けるメリットは何もないということが言えます。

警察官に逮捕されてしまった場合、写真撮影や指紋採取は拒むことができませんが、DNA鑑定については拒否することが可能です。

警察はなにげない形で同意をするようせまってきますので、安易に行動してしまってはいけません。

判断に迷った場合には、刑事弁護を扱っている弁護士にアドバイスを求めるようにしましょう。

満員電車で痴漢に間違われないためには

「満員電車で痴漢に間違われないためには、両手を上げた状態でつり革などにつかまっておけばOK」
この説はテレビなどでよく見かけますよね。
結論から言うとある程度は有効な側面もあると思います。
しかし、実際には手がふさがっている状態であることをアピールすることが、ただちに痴漢冤罪に巻き込まれないために有効といえるかどうかは疑問と言わざるをえません。
というのも 女性側は被害にあったときに犯人の手やからだなどの断片的な情報しか視覚的に捉えられていないのが普通で、犯人の顔まで認識しているということはまれだからです。
被害にあった直後に犯人がたまたまあなたと同じ方向の場所に立っていた場合
あなたが手を上げた状態であっても「この人痴漢です 」と女性に指をさされてしまってはどうしようもありません。
この状況だと、あなたが「手を挙げている姿勢をとっていること」も「犯人が罪を逃れるためにやっているポーズ」にしか見えないことでしょう。結論的に「両手がふさがっている状態をつくりさえすればOK」と考えるのではなくその他の有効な対策とも合わせて実践することが痴漢冤罪に巻き込まれてしまわないために必要だと考えます。

1.両手がふさがっている状態を作る以外にできる対策

・1-1 とにかく満員電車を避ける

一番の対策はそもそも満員電車に乗らないことです。

朝であれば7時から8時過ぎまでの時間を避けて電車に乗る、夜であれば17時すぎ〜19時ごろは避けましょう。

満員電車での痴漢冤罪に関しては、男性というだけで圧倒的に不利な立場に置かれていることを認識するべきです。

どうしても満員電車に乗らざるをえない方は女性専用車両のすぐ左右の車両を利用する。
(女性は基本的に女性専用車両を選んで利用するので、必然的に痴漢冤罪に巻き込まれる可能性も低くなります)

・1-2 電車内では女性に近づかない

これもごく当たり前のように思える対策ですが、非常に効果が高いです。

特に露出の高い服装をしている女性に関しては「痴漢冤罪詐欺を狙ってるのでは…」ぐらいの警戒心を持ちましょう。(実際に、痴漢冤罪詐欺の事例は近年増加傾向にあります)

その他にもドアに体の全面を密着させる形で立つ(電車の中には背中を向ける)
吊り革を持てる電車の内部に何が何でも移動するようにするなどの対策を電車内ではとるようにしましょう。

2.もし痴漢冤罪に巻き込まれてしまったら?

それでももし痴漢に間違われてしまったら、自力で警察や駅員から逃れようと考えないことが大切です。

駅員室に連れて行かれてしまった時点で、「社会的なペナルティを受ける絶体絶命の状態」に置かれていることを認識する必要があります。

ここまで来てしまったら、唯一の対策は黙秘を貫いた上で刑事弁護を扱っている弁護士に連絡をとることです。

日弁連では当番弁護士などの制度を設けていますから 警察に逮捕されてしまったら少しでも早く弁護士に接見を依頼する必要があることを覚えておきましょう。

3.まとめ

以上、電車内で痴漢に間違われないために気をつけるべき点について解説させていただきました。

もし痴漢冤罪に巻き込まれてしまった時には、少しでも早く弁護士に連絡を取ることが大切になります。

いざとなると冷静な行動をとることは難しいものですから 取るべき対応については整理して理解しておくとともに 普段から刑事弁護を扱っている弁護士の連絡先(あるいは日弁連の当番弁護士の連絡先)はチェックしておくようにしましょう。

日本で冤罪の可能性がある痴漢事件は実際の程度起こっているのか

痴漢冤罪に関する映画やドラマが多く作られていますが 実際に見てみると「これは確かに疑われた側が無罪を主張するのは難しいな…」ということを実感しますよね。
日本では検察に起訴されたら90%以上の確率で有罪にされてしまいます。
私の場合、満員電車に乗ることが多いので、もし痴漢冤罪に自分が巻き込まれてしまったら…とかなり不安です…。
そこで今回は日本で冤罪の可能性がある痴漢事件はどのぐらいおきているのか?についてデータを調べてみました。
よければ参考にしてみてくださいね。

1.痴漢による犯罪はどのぐらい起きている?

いわゆる痴漢というのは犯罪の名称としては強制わいせつまたは都道府県の迷惑防止条例違反というのが正式名称です。
やや古いデータになりますが、平成26年の警察庁生活安全局、警視庁刑事局の資料によると迷惑防止条例違反の痴漢検挙数は3439件、強制わいせつとしての検挙数は283件となっています。

平成18年以降、毎年検挙数はほぼ変わらずの4000件弱となっているので、直近でもほぼ同じ数の検挙数があるものと思われます。

2.起訴されたら9割以上の確率で有罪になる

上でも少し説明させていただいた通り、日本の刑事司法では検察官に刑事起訴されてしまうと、ほぼ99%の確率で有罪となります。

これだけ有罪率が高い理由としては、被告人側が最初から有罪であることを認めているケースが圧倒的に多いことが挙げられます。

こういった裁判のことを有罪であることは最初から決まっていて、あとは量刑を決めるだけの裁判という意味で「量刑裁判」と呼ぶことがあります。

実際に起訴された事案のうち、量刑裁判は9割を占めていると言われます。ありのままにいうと 検察は最初から有罪であることを認めているケースに限って起訴を
行なっているわけですから必然的に有罪となる確率が高くなるという仕組みになっているといえるでしょう。

無罪とされる可能性が少しでもある裁判についてはそもそも不起訴処分となっていることがうかがえますね。

痴漢冤罪に関しても、いかに起訴後に無罪を勝ち取るというのは非現実的でいかにして起訴猶予(不起訴処分)にするかということが解決策として模索されることになります。

3.まとめ

今回は、痴漢事件についてのデータについて紹介させていただきました。

本文で説明させていただいた通り、日本では有罪となるか無罪になるかの問題よりも、起訴されるか不起訴処分となるかの方が決定的に重要と言えます。

最近では痴漢冤罪の有罪率の高さにつけこんで、示談金をまきとろうとする痴漢冤罪詐欺も増えてきていますから注意しましょう。

万が一、痴漢冤罪に巻き込まれてしまったような場合には、刑事弁護を扱っている弁護士事務所に連絡をとることが先決です。

都道府県ごとに設置されている日弁連の当番弁護士制度を利用するという手もありますから、普段から連絡先を確認しておくと良いでしょう。

痴漢の法律上の罪名とその扱い

痴漢罪名

痴漢という罪名

痴漢は世間的には犯罪として広く認知されていますが、法律の中では痴漢という罪名ではありません。具体的な罪名としては、迷惑防止条例違反もしくは強制わいせつ罪として法的に手続きが行われていきます。条例はそれぞれの都道府県によって内容が変わるため、法的に定めれた刑については内容に差がある場合が存在します。

わいせつ罪については刑法によって定まられているので全国で共通です。痴漢が行われた時に、どちらの罪として問われるかについては、下着の中にまで痴漢行為が及んだかどうかが焦点になるようです。条文の中には具体的な定義についてはそれほど記載されていないため、判例を基準に判断されていることが多いです。逮捕されるかどうかですが、基本的に逮捕は罪の内容によって判断されるものではありません。

容疑をかけられている人間が逃げる可能性があるといったいくつかの要件を満たしている必要があり、前科や罪の事実を認めているか等が判断の基準となります。次に法律の中で決められている刑の内容ですが、東京都の迷惑防止条例を具体例に挙げると、半年以下の懲役か50万円以下の罰金がかされることになっています。

痴漢の罰金

また、強制わいせつ罪の場合は懲役半年から10年とされています。法律で決められた刑罰の内容と実際の量刑には差が存在し、実務上では迷惑防止条例に違反したケースだと約30万円程度の罰金となることが多いようです。

強制わいせつ罪の場合は、執行猶予付きで懲役半年から2年程度の刑が相場として認識されています。

ただ、これらはあくまでも初めて犯罪を犯したケースに適用されやすいだけです。前科がある場合だと執行猶予が付かなかったり、罰金の額が増す可能性が高くなります。

罪は、親告罪と非親告罪に分けることができますが、強制わいせつ罪のほうは前者に分類されます。ですから、告訴がない場合は裁判ができないという性質があります。特に性的な犯罪の場合は、被害者の感情やプライバシーが優先される傾向が強くなるため、刑事裁判にまで発展せず処理されることも多いです。

痴漢の場合、容疑者が冤罪を主張しているケース以外では、示談交渉が弁護士の主な役割となります。示談が上手くいき被害者が罰を希望しないのであれば、不起訴となり手続きが進められる可能性もあります。ただし、同じような犯罪を繰り返し行っていたというような事情があると、示談交渉が上手くいっても起訴されることがあるようです。

もし冤罪だった場合ですが、基本的にはそれを立証するのは難しいと言われています。例えば電車の中で発生した痴漢行為について、冤罪を主張するためには客観的に説得力のある証拠を提示しなければいけません。車内の様子が分かる動画が録画されていることは稀で、目撃者がいたとしても勘違いの可能性があります。無実を証明するのが難しいという性質があるため、早く釈放されるために示談が行われることもあり冤罪が多い罪とも言えます。