痴漢に間違われてしまった!偶然か故意か判断される方法は?

YKPAKU6765_TP_V

痴漢の場合、原則としては現行犯逮捕とされてはいますが、被害者の証言一つに委ねられているのが大半です。もちろん、目撃者がいればさらに信憑性は出ます。しかし、被害者に「この人に触られた」と腕を掴むなりして証言されてしまえば、それが優先されることが多いのが現状です。なかには、嫌がらせで痴漢に仕立てあげてしまうというケースも見られ、痴漢は冤罪が多い犯罪の一つと言えるでしょう。痴漢の容疑がかかりやすいのは、満員電車のような人混みです。電車の揺れや周囲の人に押されて、つい近くの女性に手が触れたということもあるでしょう。ぶつかってしまった相手によっては、「痴漢」と取られてしまう可能性は否定できません。

より詳細な捜査が行われる

「手が触れただけ」と言っても、逃げ口上という取られ方をされるのが落ちです。ただし、痴漢かどうかを判断するために、詳細に調べることは可能です。本当に痴漢行為を行なっていれば、被害者の衣服の繊維が加害者の指先に付着しています。繊維が検出されるかどうかを調べたり、被害者の衣服にも加害者の指紋などが残っているかどうかを調べたりすることは可能です。本来はそこまで行うべきですが、裁判にまで進んだ場合には判事(裁判官)の考え一つで判断が変わってきます。痴漢で逮捕されてしまえば、その日から生活は一変してしまうと言っていいでしょう。仕事があれば退職に追い込まれることもありますし、在学中なら中退や休学を余儀なくされることも出てきます。しかし、冤罪であることが立証されれば、逆に被害者であった人に訴訟を起こすことも可能です。冒頭でも説明していますが、痴漢は現行犯が原則です。冤罪が多いということもあり、常習が疑われるものは慎重に調査を重ねて逮捕するケースもあります。電車の場合は鉄道警察が調査を行うのが一般的です。被害を受けている人からあらかじめ聞いていた時間帯や路線に被害者と乗り込み、実際に痴漢が行われるのを確認するという方法が取られます。または、「不審な人物がいる」といった周囲の証言によって捜査を行うケースもあります。

一般客に紛れ捜査する

捜査に乗り出せば一般客を装って気づかれないように犯行を押さえるため、現行犯逮捕が可能なのです。もちろん、手が触れた程度のものでは痴漢とは判断されません。痴漢を実際に行なっている人は常習というケースが多いので、本来はここまでしっかり捜査を行うのが理想でしょう。被害者に多い女性の側からすれば、軽く触れた程度でも気分的には良くないかもしれません。しかし、1人の人生が左右されやすい重大なことなので、慎重さも必要です。それより、犯人を間違えて騒ぎ立てることで、実際の犯人に逃げられるケースもあることを考えておきましょう。痴漢で疑われてしまったときにできる方法としては、弁護士に一任することも一つの解決になります。それで必ず疑いが晴れるとは言いきれませんが、少なくとも代理人として心強い味方はできます。弁護士費用などが軽減される痴漢冤罪を対象にした保険も出ています。それほど痴漢は冤罪が多いと言えるのです。