両手が塞がってるからって安心できない!痴漢に間違われないために気を付けるべき事とは

「満員電車で痴漢に間違われないためには、両手を上げた状態でつり革などにつかまっておけばOK」
この説はテレビなどでよく見かけますよね
結論から言うとある程度は有効な側面もあると思います
しかし、実際には手がふさがっている状態であることをアピールすることが
ただちに痴漢冤罪に巻き込まれないために有効といえるかどうかは疑問と言わざるをえません
というのも 女性側は被害にあったときに
犯人の手やからだなどの断片的な情報しか視
覚的に捉えられていない
のが普通で、犯人の顔まで認識しているということはまれだからです
被害にあった直後に犯人がたまたまあなたと同じ方向の場所に立っていた場合
あなたが手を上げた状態であっても「この人
痴漢です 」と女性に指をさされてしまって
はどうしようもありません
この状況だと、あなたが「手を挙げている姿勢をとっていること」も「犯人が罪を逃れるためにやっているポーズ」にしか見えないことでしょう
結論的に「両手がふさがっている状態をつくりさえすればOK」と考えるのではなく
その他の有効な対策とも合わせて実践する
こと
が痴漢冤罪に巻き込まれてしまわない
ために必要だと考えます

1.両手がふさがっている状態を作る以外にできる対策

・1-1 とにかく満員電車を避ける

一番の対策はそもそも満員電車に乗らないことです
朝であれば7時から8時過ぎまでの時間を避けて電車に乗る、夜であれば17時すぎ〜19時ごろは避けましょう
満員電車での痴漢冤罪に関しては、男性というだけで圧倒的に不利な立場に置かれていることを認識するべきです
どうしても満員電車に乗らざるをえない方は
女性専用車両のすぐ左右の車両を利用する
(女性は基本的に女性専用車両を選んで利用
するので、必然的に痴漢冤罪に巻き込まれる可能性も低くなります)

・1-2 電車内では女性に近づかない

これもごく当たり前のように思える対策ですが、非常に効果が高いです
特に露出の高い服装をしている女性に関して
は「痴漢冤罪詐欺を狙ってるのでは…」ぐら
いの警戒心を持ちましょう(実際に、痴漢冤罪詐欺の事例は近年増加傾向にあります)
その他にもドアに体の全面を密着させる形で立つ(電車の中には背中を向ける)
吊り革を持てる電車の内部に何が何でも移動するようにするなどの対策を電車内ではとるようにしましょう

2.もし痴漢冤罪に巻き込まれてしまったら?

それでももし痴漢に間違われてしまったら、自力で警察や駅員から逃れようと考えないことが大切です
駅員室に連れて行かれてしまった時点で、「社会的なペナルティを受ける絶体絶命の状態」に置かれていることを認識する必要があります
ここまで来てしまったら、唯一の対策は黙秘を貫いた上で刑事弁護を扱っている弁護士に連絡をとることです
日弁連では当番弁護士などの制度を設けてい
ますから 警察に逮捕されてしまったら少し
でも早く弁護士に接見を依頼する必要がある
ことを覚えておきましょう

2.まとめ

以上、電車内で痴漢に間違われないために気をつけるべき点について解説させていただきました
もし痴漢冤罪に巻き込まれてしまった時には、少しでも早く弁護士に連絡を取ることが大切になります
いざとなると冷静な行動をとることは難しい
ものですから 取るべき対応については整理
して理解しておくとともに 普段から刑事弁
護を扱っている弁護士の連絡先(あるいは日
弁連の当番弁護士の連絡先)はチェックして
おくようにしましょう